スマートでんきコラム

地球温暖化とは?原因と影響

近年、SDGs浸透により、環境問題が注目されています。環境問題で一番有名なのは地球温暖化ではないでしょうか。数年前から、様々な分野で注目された地球温暖化は、一般の私たちにも一度は耳にしたことある言葉だと思います。しかし、実際に地球温暖化について詳しく知る人は多くありません。この記事では地球温暖化を知りたい人に対して、地球温暖化の原因や影響、日本や世界の状況、今後の地球温暖化対策などを解説いたします。

地球温暖化とは

温室効果ガスにより地球の気温が上昇していく現象を地球温暖化といいます。もともと地球には温室効果ガスが存在し、地球が寒くならない程度の気温になるために一定濃度を保っていました。しかし、近年は人の影響によって、CO2などの排気により温室効果ガスの濃度が上昇しているのです。

地球温暖化の原因

原因は温室効果ガスです。このガスは二酸化炭素やメタン、一酸化二窒素などの様々な気体から、生まれます。特に、一番排気量の多い気体として知られているのが二酸化炭素です。二酸化炭素の排出原因は化学燃料由来と森林減少や土地利用によるものに分かれています。つまり、火力発電所やセメントの生産時に多くの二酸化炭素が排出されるだけではなく、森林減少によって二酸化炭素が酸素に代わる量が減ったりもしているのです。

地球温暖化による影響

地球温暖化によって起きる環境問題

地球温暖化によってさまざまな現象が起こっています。

  • 気候変動

もともと気候は自然などの要因によって、変化し続けています。この自然要因はそれぞれが密接にかかわっており、大気や水の循環と深くかかわっています。しかし、自然要因以外にも気候変動に関連する要因があります。それは、人間による要因です。人間が行う環境を配慮しない経済活動や森林伐採が温室効果ガスの増加を招き、気候変動は少しずつ狂わされています。

  • 異常気象

異常気象は30年に一度起こる程度の気象のことを言います。長期的なものもあれば、局所的なものもあり種類は様々です。例えば大雨やハリケーン、熱波や寒波などです。これらは地球温暖化が言われる以前からも発生していましたが、地球温暖化が進むと同時に発生回数が増えていることは確かです。

  • 海水温上昇、海面上昇

温度が上昇しているのは大気だけではありません。海水の温度も上がっているのです。また、海水温だけではなく、海面も上昇しています。このままのペースで地球温暖化が進んでいくと、約60年後には0.26~0.82m上がると言われています。

地球温暖化の日本、世界の変化

世界の変化

  • 感染症の拡大

気候変動により、蚊やネズミなどのウイルスを運ぶ媒体動物が増加し、感染症にかかる可能性が増えています。例えば、地球温暖化によって影響を受けると想定される蚊を媒体とした感染症には、日本脳炎やマラリア、デング熱、ウェストナイル熱、リフトバレー熱があります。これらの病原菌を持った蚊にとって、地球温暖化は繫殖しやすい環境を作ってしまっているのです。

  • 水害、ハリケーン等

異常気象が起こるたび、被害も大きくなりつつあります。局所的な大雨による水害や過去に見ないほどの勢力をもったハリケーンなど、これらの異常気象は人間の生死にかかわることはもちろんのこと、経済にも大きな打撃を与えます。

  • 国土消失の危機

海面上昇により、海抜の低い島国で高潮による被害が深刻になってきています。国土が小さくなるのはもちろんのこと、それ以外にも海水が畑に流れ込み作物が育たなくなったり、飲み水がなくなったりしているのです。これらの島国は発展途上国であるため、CO2 の排出量は多くありません。つまり、国土消失の危機にさらされていない先進国がこの深刻な問題を作っているのです。

日本の変化

  • 熱中症の増加

地球温暖化による、気温の上昇は人間の健康面にも大きな影響を与えます。

近年、猛暑日の増加により、熱中症になる人が増えているのです。現在でも増加傾向にある熱中症患者ですが、地球温暖化が進むのと比例していくのは目に見えています。

  • 土砂災害、水害の増加

近年、豪雨の増加傾向がみられます。この豪雨によって、土砂災害や水害の過激さ、形態の変化が起きています。令和元年に起きた房総半島台風や東日本台風は記憶に新しいところです。

  • 水産資源の変化

海水温上昇は水産資源に対して大きな影響を与えています。魚は種類によって、適している海水の温度が存在します。水温が上昇することで、今まで取れていた魚がいなくなってしまったり、魚が病気になる菌が増えてしまったりするのです。影響の中には養殖できる地域が増えたりしているなど、いっけんプラスに見える面も存在しますが、長い視野でみると悪い影響がほとんどです。

地球温暖化の対策

地球温暖化の対策としてよく上げられるのは、適応策と緩和策です。

適応策

温暖化の影響を小さくするために、行うのが適応策です。

地球温暖化の危害に耐える力をつけること、危害を回避することの二つを柱としています。

危害に耐える力をつけることで言うと、水害対策として河川、砂防、下水道などの整備をしたり、熱中症対策として水分や塩分補給をしたりすることです。

危害を回避することでは、災害リスクの高い地域を提示や警戒情報で早めに避難すること、熱中症にはエアコンやクールスポットを設置することなどが例として挙げられます。

どちらも、地域の特性や自分に合った適応策を考えることが重要です。

緩和策

緩和策は温室効果ガス(主にCO2)の排出削減と吸収を主軸としています。

温暖化を1.5℃~2℃に抑えるには、温室効果ガスの排出量を大きく減らさないといけません。そのために、脱炭素な社会へむけて、太陽光発電、風力発電、バイオマスなどの再生可能エネルギーの活用することや省エネ機器、省エネ行動の推進すること、建物や交通の省エネ、森林整備や都市緑化などを国として行っているのです。

 

以上が地球温暖化に関しての説明でした。これらは地球温暖化に関しての知識のほんの一部です。もっと知識を深め、身の回りでできる地球温暖化対策を考えてみましょう。



ページトップに戻る