スマートでんきコラム

マイクロプラスチック問題とは?人体への影響は?原因と対策も解説

丈夫で加工しやすいプラスチックは世界中で様々な製品に使われています。しかし、便利な反面、そのプラスチックゴミの一部は海へ流出し、分解されず半永久的に残ってしまいます。このことから近年問題視されているのが、マイクロプラスチックです。今回は、マイクロプラスチックの解説から問題視されている原因、対策まで、マイクロプラスチック問題に関わる様々な点を紹介します。

マイクロプラスチックとは

マイクロプラスチックとは、5㎜以下の微細なプラスチック粒子のことを指します。素材はその名の通りプラスチックなので、紫外線に弱い、自然分解されない、軽く波風に流されやすいなどの特徴があります。加工される前のプラスチック粒や、自然環境内で小さな破片となったプラスチックなど、マイクロプラスチックにはいくつかの発生原因があるのです。

マイクロプラスチックの種類と発生原因

マイクロプラスチックの発生原因は大きく2つあります。プラスチック製品の生産段階でできる一次的な原因(一次的マイクロプラスチック)と、自然の力によって生まれる二次的な原因(二次的マイクロプラスチック)に分類することができます。詳しくは以下の通りです。

  • 一次的マイクロプラスチック

様々なプラスチック製品を製造するために使われるプラスチック粒(レジンペレット)や製品の原材料として使用するために製造された小さなビーズ状のプラスチック。洗顔料や歯磨き粉に含まれるスクラブ剤にもこの小さく加工されたプラスチック(マイクロビーズ)が使用されているため、生活排水と一緒に流されてしまいます。

  • 二次的マイクロプラスチック

プラスチック製品が自然環境にさらされ、劣化し小さな破片となったもの。発砲スチロールやペットボトルなどのプラスチックゴミが、時間の経過とともに紫外線や雨風によって粉々に小さくなります。

マイクロプラスチックによる影響

現在、世界中で海洋プラスチックゴミが問題視されており、SDGs(持続可能な開発目標)でも掲げられています。プラスチックは分解されないため、小さく目に見えないほどのサイズになっても半永久的に海を漂い続けます。小さく軽いマイクロプラスチックは海流に乗って世界中の海に拡散されてしまいます。そんなマイクロプラスチックは海洋生物だけではなく、私たち人体にも悪影響を及ぼす可能性があります。

マイクロプラスチックと海洋汚染

海の中をプラスチック粒が漂っているため回収は極めて困難なうえに、マイクロプラスチックは分解されないので、どんどん増える一方です。

また、プラスチックの表面には細かな凹凸があり、有害な化学物質を吸着しやすい性質を持っています。プラスチック自体にも添加剤が使用されており、その添加剤が海洋汚染の原因にもなっています。

海洋生物への影響

海洋生物たちはマイクロプラスチックをエサと間違えて食べてしまうことがあります。例えば、体内に入ったマイクロプラスチックが内蔵に詰まってしまうケースや、付着していた有害な化学物質などが体内に蓄積してしまうケースがあります。それによって海洋生物が死んでしまうこともあるのです。

人体への影響

化学物質に汚染された魚を食べると間接的にわたしたちの体内にも化学物質が入ってしまうことになります。マイクロプラスチックによる人体への影響はハッキリと解明されていませんが、がんの発生や代謝性疾患の発症を引き起こす可能性のある化学物質が検出されています。

嘘だといわれる理由  

マイクロプラスチックと検索すると「マイクロプラスチックによる人体への影響は嘘」といったような記事を目にします。水俣病やイタイイタイ病などの公害のように、具体的な症例がないため、嘘と書かれることもあります。ですが、有害な化学物質は体内に蓄積されてしまう研究結果も出ています。

マイクロプラスチック問題の対策

日本政府による対策

G20が2019年6月に大阪で開催したサミット(G20大阪サミット)にて「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」を世界共通のビジョンとして共有しました。「大阪・ブルー・オーシャン・ビジョン」とは、2050年までに海洋プラスチックゴミによる追加的な汚染をゼロにまで削減することを目指すものです。

日本政府はこの目標の実現のため、廃棄物管理、海洋ごみの回収およびイノベーションを推進するための、途上国における能力強化を支援していくアクションプラン発表しました。このアクションプランを簡単に解説します。

・プラスチックごみの回収・適正処理の徹底やポイ捨て・不法投棄、非意図的な海洋流出の防止

・環境中に排出されたごみの回収

・海洋生分解性プラスチックや紙等の開発やこうした素材への転換などの技術革新

・日本の技術等を活かし、途上国等の海洋プラスチックごみ問題に貢献していく

・世界的に海洋プラスチック対策を進めていくために実態把握や科学的知見を充実させる

日本ではこのような目標を掲げていますが、わたしたちには一体何ができるのでしょうか?

身近にできる取り組み

マイクロプラスチックを削減するためには、プラスチック自体を減らすことが重要です。そのためには、プラスチック製品を購入しない、マイクロビーズが入っていないスキンケア用品を購入する、ポイ捨てをしない、海岸の清掃活動に参加する、など身近にできることはたくさんあります。



ページトップに戻る