スマートでんきコラム

世界的な環境問題「砂漠化」を理解する

近年、地球温暖化や異常気象など環境問題に関して世界中で取り上げられています。その中で今回は砂漠化について理解を深めていきたいと思います。

砂漠化とは

砂漠化とは何を指すのか

砂漠化とは「極乾燥地域、乾燥地域、半乾燥地域、乾燥半湿潤地域における気候上の変動や人間活動を含むさまざまな要素に起因する土地の劣化」と砂漠化対策条約で定義されています。
つまり、今まで緑が生えていた場所が気候や人間の手によって土壌を劣化させ、乾燥した土地を作りだしてしまったということです。4つの区分に関しては乾燥度指数(乾燥度指数=年間降水量÷年蒸発量)によって分かれているので簡単に解説いたします。

乾燥地域の区分

・極乾燥地域 乾燥度指数は0.05未満
雨期がなく、人間活動に極めて制限的な地域である。とても乾燥していて植物がほぼ生えていない。

・乾燥地域 乾燥度指数は0.05~0.20
年間降水量が冬:200mm未満、夏300mm未満で、50~100%の間で年変動する地域である。乾燥していて植物があまり生えていない。

・半乾燥地域 乾燥度指数は0.20~0.50
雨期があり、年間降水量が冬:500mm未満、夏800mm未満で、25~50%の間で年変動する地域である。極乾燥、乾燥地域に比べ水に恵まれている。植物の種類、量が豊か。

・乾燥半湿潤地域 乾燥度指数は0.50~0.65
降水が25%未満で年変動し、非灌漑農業(用水路などを使用しない農業)が広く行われている地域である。季節によってできる川のそばには木が並び、地表に多く草が生えている。

この4つの地域を合わせると地球の41%が乾燥地域ということになります。なぜこんなにも土地が乾燥し砂漠化してしまうのでしょうか。

砂漠化の要因と原因

気候的要因・人為的要因

始めにも挙げましたが、砂漠化は気候や人の手によって土地を劣化させ乾燥化させていることです。その2つの要因を解説いたします。

・気候的要因
地球の構造上、赤道付近は乾燥化するため広く砂漠が見受けられます。しかし、近年は気候変動や干ばつなどの地球温暖化の影響により土地の水分が無くなったり、ひび割れが起きたりして砂漠化が起きています。

・人為的要因
過度な耕作や放牧、伐採により土地が変わります。放牧された動物が多いと放牧地の植物が育つ前に刈り取られてしまいます。そうすると食物連鎖のピラミッドが崩れ、植物が枯渇し砂漠化になります。

砂漠化の原因 風食・水食・塩害

気候的要因や人為的要因によって砂漠化の原因である風食や水食、塩害が引き起こされます。その3つの原因を解説いたします。
・風食
風が吹くことによって地表の土や砂などが飛ばされます。地表の肥沃な土が風に流されると植物の根が浅くなり、しまいには枯れてしまいます。この現象を風食といいます。風食された土地は植物が育たず土地が劣化します。
・水食
雨と水の流れにより地表の土が流され、地面の厚さが薄くなる現象があります。これを水食といいます。土の厚さが薄くなったことにより土の保水力が弱まり、ひび割れが発生します。そのような土地では植物は育たなくなるので、こちらも土地の劣化によって砂漠化となります。
・塩害
耕作する際に用水路を使用して水をまくことがありますよね。植物が吸い上げる水以外に土から蒸発する水があります。太陽が強く照り付ける土地では水の蒸発が早く、土の塩分が高くなり地表に塩を発生させます。この現象を塩類集積というのですが、地表に蓄積された塩は植物に悪影響なため、植物を枯らしてしまい土地を劣化させてしまう原因になるのです。

砂漠化の影響と対策

砂漠化が引き起こす影響

日本には砂漠はありません。そのため砂漠や乾燥地域を見ること、考えることが少ないと思います。しかし世界の41%の土地が乾燥地域に直面しています。その土地に住む人々は直接的に影響を受けますが、間接的に影響を受ける人口は約65.1億人と言われています。なぜ65.1億人が影響を受けるのでしょうか?
乾燥地域に住む人々は家畜や農業などの一次産業をしていることが多いため、砂漠化された場合は継続が困難になります。その土地の生産に頼っている世界各国の人々に影響が出るということです。
一次産業の継続が困難になった住民は売るものがなくなり、食べるものがなくなり、貧困が加速します。そして難民になったり、都市へ避難し都市人口が集中したり、新たな問題が発生します。
また、砂漠化された土地は植物が育たないため、生物多様性の損失になりますし、光合成による二酸化炭素の吸収もなくなるので、気候変動の問題にも影響を与えます。

対策と取り組み

NGO団体が行っている「緑のサヘル」では未来を見越した対策がなされています。砂漠化によって貧困になった住民の問題は今を乗り越えることかもしれません。しかし、今だけでなく未来につなげるために植林ができる生活づくりから進めており、水食による農地の再生などに取り組んでいます。
他にも国際協力機構のゼネガル國劣化土壌地域の抑制と有効利用促進のための能力向上プロジェクトや、国際農林水産業研究センターのアフリカ・サバンナ地帯における持続的生産のための農業技術の確立など様々な取り組みがなされています。

わたしたちにとっては馴染みのない砂漠化現象ですが、世界では大きな環境問題です。この記事を読んで砂漠化現象に少しでも関心を持っていただけたら幸いです。



ページトップに戻る