スマートでんきコラム

建売との違いは? 注文住宅の特徴とメリット・デメリット


住まいの購入は人生の中でも大きな買い物のひとつです。せっかくなら注文住宅で自分の理想通りの家を手に入れたいという方もいるでしょう。建売住宅と比較すると自由度の高い注文住宅ですが、具体的にはどんな違いがあるのでしょうか?そもそも注文住宅とはどんな住宅なのか、どんなメリット・デメリットがあるのかといったことに触れながら、注文住宅の基礎知識についてご紹介します。

注文住宅とは

注文住宅とは、自分の希望に合わせて建物の仕様、デザイン、間取り、設備内容などを自由に決めることのできる新築住宅のことです。

自分の好みや家族構成・年齢構成などに合わせて、どんな建物にするか、リビングやダイニングの広さをどうするか、子供部屋や客間、書斎は必要か、バルコニーや庭などの屋外部分はどうか、バス・キッチンなど設備のグレードをどうするか、屋根・外壁の仕様は……といったことを一つ一つ決めていって形にします。

また注文住宅には、大きく分けてフルオーダー住宅とセミオーダー住宅の2種類があります。それぞれの特徴は以下のとおりです。

フルオーダー住宅

フルオーダー住宅は一言で言えば「自由設計の住宅」です。仕様、デザイン、間取りを始め、使用する木材や窓の種類、細かい部分の作り、あるいはコンセプトそのものもゼロベースで考えます。住む人のニーズをひとつひとつ設計に落とし込み、オンリーワンの家を建設します。

その分、設計前・設計中・設計後までに何度も打ち合わせを重ねることになり、完成までにかかる期間も長く、また費用も多くかかります。さらに住宅を購入する施主自身にも建築に関する知識が求められ、知識がなければ打ち合わせを通じて学んでいくことになります。

なお、フルオーダー住宅は地元密着型の工務店が請け負うことが多い傾向があります。また設計のみを設計事務所(建築家)に依頼する方法もあります。

セミオーダー住宅

一方、セミオーダー住宅の場合は規格化されたモデルがあり、基本的な仕様は決まっています。その基本仕様に沿ってデザインや機能、間取りを決め、設備のグレードなどを選んでいきます。完全にオリジナルの家を建てるということにはなりませんが、好みの色やデザインにカスタマイズしたり、ライフスタイルに合わせて設備のグレードアップやグレードダウンを選んだりと、要望やこだわりをある程度反映させていくことが可能です。
通常、セミオーダー住宅の方が完成までの期間は短く、費用も抑えることができます。注文住宅の中ではフルオーダーよりもセミオーダーの方が数が多く、主流となっています。

セミオーダー住宅は、ハウスメーカーと呼ばれる全国的規模で営業する大手住宅建築会社が提供することが多い傾向があります。

注文住宅と建売住宅の違いは?

建売住宅はすでに設計プランが決まっているか、建設済みの住宅を、土地とセットで販売するスタイルの新築住宅です。自分の好みに合わせて自由に設計できる注文住宅とは違い、建物の仕様や間取り、設備などあらかじめ決まっているため自由度は低くなります。その分注文住宅と比較すると価格や入居までの期間を抑えることが可能でしょう。
建売住宅はすでに建設済みの物件を購入することも多く、分譲マンションと同じような感覚で購入できる新築分譲住宅であるとも言えます。

注文住宅のメリット

注文住宅を選ぶことにはどういったメリットがあるのでしょうか。以下で詳しく説明していきます。

間取りや設備の自由度が高い

フルオーダーであればとことん自由に、セミオーダーであってもある程度の自由な設計が可能です。間取りや設備を、自分たちの好みやライフスタイル、今後のライフプランに合わせて決めることができます。外壁材から内装の壁紙・床材、断熱性能や耐震性能、納戸や屋根裏収納の有無など、さまざまな要望を叶えることができる自由度の高さは、注文住宅の大きなメリットと言えるでしょう。

こだわりに応じて費用を調整できる

素材や設備への自由度が高いため、こだわりに応じて「どこにお金をかけるか」を決められることもメリットのひとつです。自分がこだわりたい部分には大いに費用をかける、そうではない部分は費用を削るといった調整が可能で、全体の予算を立て、その範囲内に収まるよう注文することもできます。

設備や施工の品質が高い傾向にある

注文住宅の場合は設計から工事の工程を確認しながら進めることができるため、その分品質が高く欠陥住宅が少ない傾向にあります。設計はもちろん、施工中も現場を見ながら打ち合わせをして細かい指示を出すことも可能です。また、品質の高い住宅を建てられることで、住み始めてからの維持費や修繕費などが抑えられます。資産価値も下がりにくいと言えるでしょう。

注文住宅のデメリット

次のような点は注文住宅のデメリットと言えます。

費用が高くなる傾向にある

費用は建売住宅に比べるとどうしても高くなる傾向があります。予算を決めていても、自由度が高い分、より品質の高いものや便利なものを選びたくなり、結果的に予算オーバーになってしまうこともよくあります。

建売住宅に比べて時間と手間がかかる

設計から施工まで決めることも多く、建売住宅と比較して入居までの時間と手間がかかることもデメリットのひとつです。一般的に設計依頼から図面が出来上がるまで7ヶ月程度、施工期間も同じく7ヶ月程度はかかるでしょう。土地探しから始めればさらに長期化します。その間、打ち合わせや設計の見直し、各種契約、手続きなども行っていかなければなりません。

注文住宅は建売住宅に比べ費用や時間がかかる傾向にありますが、その分自由度が高いのが大きな魅力です。ある程度手間や費用をかけても、自分たちの要望やこだわりを反映した理想の家を建てたい人に向いている建築スタイルと言えます。それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、注文住宅か建売住宅か、あるいはフルオーダー住宅やセミオーダー住宅にするか等、自分に合った住まいの選択をしていきましょう。



ページトップに戻る