スマートでんきコラム

【すぐわかる】戸建ての意味と住まい購入時に出てくる用語解説

住宅の購入を検討するときに出てくる様々な住宅用語。その中に戸建てという言葉があります。戸建てといわれると大体は想像できますが、はっきり定義できる方は少ないのではないでしょうか。今回は戸建てという言葉について解説します。

戸建てとは

戸建てとはそもそも一戸建てを省略した言葉です。広辞苑で調べると、一戸建てとは「一戸ごとに独立して建てること。また、その家」という意味が出てきます。つまり、一世帯が住んでいる独立した家ということです。(例外として二世帯住宅も含まれます。)

戸建てと一緒によく出てくる一軒家という言葉もありますが、ほとんど同じ意味として使われています。ちなみに広辞苑では「あたりに家がなく、一軒だけ建っている家」という意味です。

戸建ての意味が分かったところで、今度は戸建てのメリット、デメリットを解説します。

戸建てのメリット、デメリット

メリット

まず初めに、戸建ては、他の住宅と隣接していないことが特徴です。

このことにより、集合住宅に比べ、騒音トラブルが少なくなります。お子さんやペットなどが自宅にいる場合や、夜遅くに洗濯乾燥機を回したり、掃除機をかけたりする場合は騒音がトラブルにならないか気になるところです。戸建てであれば、このような騒音トラブルを気にせずに過ごすことができます。

土地を所有できる点も、大きなメリットです。ライフスタイルに合わせて、土地を庭にしたり、駐車場にしたりすることも可能です。マンションの場合だと駐車場代を毎月取られてしまうこともあるため、月々の費用が多くなりがちです。しかし、戸建ての場合は駐車場が無料です。

また、戸建てを一から作ることができる、注文住宅であれば間取りなどから決められます。自分のライフプランに合わせてデザインできるのも魅力的です。

デメリット

戸建てでよく言われるデメリットは、維持管理と防犯面です。

マンションであれば、建物の補修や管理は管理会社がすべて請け負ってくれます。そのため、購入してから維持管理でかかるお金がなくて済みます。戸建てであれば、外壁や屋根などの補修は必ず行う必要があります。また、庭などがあればガーデニング等も必要になってきます。月々に払う費用はありませんが、まとまったお金がかかるのが懸念点です。

防犯面も対策が必要になります。いつ、どんなタイミングで災難が起こるかは予想できません。共働きの家庭で、日中に家を空ける時間が長い家庭や定期的に長期旅行に出かける家庭は対策を必ずしましょう。

戸建てにメリット、デメリットがあるように、マンションなどの集合住宅にもメリット、デメリットは存在します。両方の特徴を知ったうえで自分に合った住宅を選びましょう。次は戸建て住宅を検討する際によく出てくる単語の解説です。併せて覚えておきましょう。

戸建ての種類と違い

戸建てには種類があります。

・注文住宅

・建売住宅

種類の違いを把握することは、自分にとって一番良い購入をするために大切なことです。

各単語について解説いたします。

注文住宅とは

住宅を建てる際に起こる一連の流れの最初から最後までに関わることができる住宅です。つまり、自分たちの理想を設計の段階から取り入れることができるということです。自分のライフプランに合わせたオリジナルな住宅を作ることが可能です。土地を持っていない場合は、土地探しから始まる為時間がかかることもあります。

建売住宅とは

すでに建てられた購入できる住宅です。設計に関しては使いやすい一般的な場合が多く、間取りにこだわりがない人には適しています。また、土地によりますがコストも比較的抑えることも可能です。入居までの期間が比較的早い部分もポイントです。併せてよく聞く、分譲住宅も建売住宅の一部です。但し、まとまった土地を分けて住宅を建てるため、各住宅の間隔が比較的近くなる傾向があります。

そのほか関連する住宅用語

最後にそのほかのよく出てくる住宅用語として集合住宅の解説をします。

集合住宅とは

戸建てに対してよく出てくる用語です。広辞苑によると「複数の住宅が集まって一棟を構成する住宅」と出てきます。例えば、海外でよくあるタウンハウスなどの長屋やマンション、アパートなどの共同住宅をさします。長屋と共同住宅の違いはエントランスや階段、廊下などの共有スペースがあるかないかの差です。

長屋の最大のメリットは比較的安い価格で購入できます。他の住宅と隣接していますが、土地も含めて所有物になるため、比較的戸建てに近い物件となっています。

共同住宅は戸建てと同じくらい人気のある住宅です。土地の所有や自由度はないものの、防犯面や耐久性には優れています。また、立地によっては資産価値が購入額よりも高くなる可能性があるのも大きなメリットの一つではないでしょうか。

 

以上、戸建てやその他建築用語による解説でした。住宅購入は人生の中でも大きな買い物です。後悔のない買い物にするためにも、しっかりと知識を蓄え自分自身にあった住宅を購入しましょう。



ページトップに戻る