スマートでんきコラム

子育て世代にも人気の理由は? 新築で平屋を選ぶメリット・デメリット


新築の戸建住宅を建てたいと思ったとき、「平屋住宅」について考えたことがあるでしょうか?今、子育て世代など若い人たちの中にも、あえて平屋を望む人が増えています。その理由として考えられる平屋を選ぶメリット、そしてデメリットについても解説していきます。

平屋住宅の特徴とは

平屋住宅とは1階のみで構成される、最も単純な構造を持つ戸建て住宅のことです。2階建て以上の住宅と比較すると階段が不要で、ワンフロアのみで生活ができます。

新しく戸建住宅を建てる場合、最も多いのは2階建てですが、平屋も根強い人気があります。最近では子育て世代などの若い世代を中心に、スタイリッシュな平屋建ての住宅が人気を得ています。

新築で平屋を選ぶメリット

平屋はなぜ人気があるのでしょうか。新築で平屋を選ぶメリットを挙げてみましょう。

生活動線がコンパクトになる

平屋は上下の移動の必要がなく、ワンフロアで完結します。その分、生活動線がコンパクトになり、シンプルな暮らしができるようになります。何をするにも効率的に動ける、掃除や洗濯などの家事が楽、家族とのコミュニケーションがしやすいといったメリットも得られます。

ちなみにマンションもワンフロアですが、平屋住宅は縁側や庭を作ることができます。また、天井を高くしたり、2階建てであれば階段を作るスペースを別のスペースへ有効活用することも可能です。

子供や高齢でも生活しやすい

ワンフロアで階段がなく構造がフラットな分、安心・安全に暮らすことができます。小さな子供や高齢者が家の中を楽に移動できる点もメリットと言えるでしょう。バリアフリーな生活空間を容易に構築できます。

高齢者にとっては階段の上り下りがなくなるだけで体への負担を軽減できます。子育て世代にとっては、乳児のときは子供を抱えながら階段を上下動する必要がなく、少し大きくなってからは階段からの転落などの事故を心配しなくてすみます。また、子供部屋を2階に作る場合と比較してコミュニケーションが取りやすく、子供が成長するにつれ徐々に家族間の距離感が遠くなってしまうことを防ぐ効果もあるでしょう。

2階建てに比べ耐震性が高い

平屋住宅は2階建て、3階建てに比べて耐震性能に優れています。大きな地震が来ても重心が低く、建物の重量自体も軽い平屋住宅は比較的揺れが小さく、倒壊の可能性も低くなります。

同様に、台風などの強風に対しても被害を受けにくいと言えます。また、2階がないため、地震や火事などの災害時に家族全員が安全に避難しやすいという面もあります。

太陽光発電の設置に有利

平屋住宅は一般的に2階建て住宅よりも屋根面積が広いため、その分、多くの太陽光パネルを設置することができます。設置工事やメンテナンス作業も容易で、高い足場を組む必要がないので費用を安く抑えられる傾向があり、太陽光発電の設置に有利と言えるでしょう。

新築で平屋を選ぶデメリット

平屋住宅を建てることによるデメリットも見てみましょう。

ある程度土地の広さが必要になる

平屋住宅で必要な部屋数と広さを得るにはそれだけ広い土地が必要になります。同じ広さの土地を所有していて新築の戸建住宅を建てる場合、部屋数や部屋の広さを確保するには2階建てや3階建ての方が有利でしょう。

とくに地価が高く、空いている土地が少ない都市部では広い土地を探すことが困難です。そのため都市部では、必要な部屋数を最低限にまで抑えたコンパクトな平屋住宅を建てるという人もいます。

プライバシーの確保がしにくい

家族間のコミュニケーションが取りやすく、子供との隔絶を防ぐ効果もあるのは平屋住宅のメリットですが、逆にプライバシーを保ちにくいというデメリットも考えられます。同じフロアを共有しているため何かと顔を合わせることになり、別々の部屋にいたとしても音などが伝わりやすくなります。勉強や仕事に集中しづらいのが問題になることもあるかもしれません。

また、1階にある窓は建物が面している道路や隣家から覗き込まれやすいという側面もあります。外から見えづらい設計や窓の作りを考える必要があります。

中心部の日当たりが悪くなりがち

平屋住宅は2階建てに比べて横方向に面積が広いことが多いため、窓から遠い建物の中心部の日当たりが悪くなりがちです。天窓を設置する、中庭を作るといった方法も考えられますが、その分、コストは割高になります。

周囲に2階建てや3階建て、マンションなどが多い都市部の平屋住宅は、そもそも全体的に日当たりが悪くなる傾向が高いとも言えます。極端に日当たりが悪い場合は、太陽光発電の発電効率も落ちてしまいます。

新築で平屋を選ぶときの注意点

平屋住宅を建てるときは、周囲の環境をよく調査し、状況に合わせた建物のデザイン、構造、間取りを考えることが重要です。2階建てであればあまり問題にならない広さ、プライバシー、日当たりなどのデメリットをなるべく軽減するための工夫が必要になるでしょう。ハウスメーカーや工務店とよく相談し、家族にとって最も暮らしやすく快適な平屋を作ることを目指してみてください。

 
平屋住宅には多くのメリットがあり、子育て世代などから人気を得ています。新築住宅を建てる予定がある人は、2階建てや3階建てだけではなく、平屋建ても検討対象にしてみてはいかがでしょうか。



ページトップに戻る