スマートでんきコラム

ブレーカーが落ちる原因は? 正しい対策を知っておこう


電気を使いすぎたときなどに、「バチン!」と音がしてブレーカーが落ちて停電状態になってしまうことがあります。もしも頻繁にブレーカーが落ちてしまうようなら、何らかの対策が必要です。ブレーカーが落ちる原因を把握し、正しい復旧方法や対策を心得ておきましょう。

ブレーカーの種類と落ちる原因

家庭に設置されているブレーカーには、一般的に3つの種類があります。それぞれの特徴と、ブレーカーが落ちる原因について説明します。

アンペアブレーカー

電気を一度に多く使いすぎると落ちてしまって電気の供給がストップするのが、アンペアブレーカーです。契約アンペア数は電力会社との契約で決まっており、家庭の消費電力がそのアンペア数を超過したときにアンペアブレーカーが作動します。

アンペアブレーカーの外観は「30A」「40A」などの大きなアンペア数表示と、緑、灰、茶などのアンペア数による色分けが特徴です。このブレーカーは電力会社が契約内容に従って独自に設置しています。

漏電ブレーカー

漏電ブレーカーは漏電を防止するための装置です。漏電ブレーカーが切れるときは配線もしくは家電が漏電している可能性があります。

装置のそばに「漏電ブレーカー」などと文字で記してあるのでどれがそうなのかはすぐにわかります。多くの場合、メインのスイッチの他に、テスト・復旧用のボタンが付いています。

安全ブレーカー

同じ形のスイッチが複数並んでいるのが安全ブレーカーで、各部屋のコンセントへ続く回路ごとに取り付けられている装置です。特定の回路で電気器具の故障によるショートが起きたり、許容電流を超えた電流が流れたりしたときに電気供給を停止させます。その役割は10A~30Aの小電流回路を保護することにあります。

アンペアブレーカーと漏電ブレーカーの場合は作動すると家全体の電気が停電状態になりますが、安全ブレーカーが作動すると特定の部屋のみ電気供給がストップします。

ブレーカーが落ちたときの復旧方法

次に3種類のブレーカーが落ちたときの復旧方法についてそれぞれ説明します。

アンペアブレーカーが落ちたときの復旧方法

まずアンペアブレーカーが落ちたときに使用していた電気器具・家電のうち、冷蔵庫などの常時使用しているもの以外のもののスイッチを一旦切り、次にアンペアブレーカーのスイッチを「入」にしてください。アンペアブレーカーは契約アンペア数を超えてしまったために一時的に落ちるものなので、適切な電気使用量になっていれば再び落ちることはありません。

漏電ブレーカーが落ちたときの復旧方法

漏電ブレーカーの復旧は慎重に決められた作業を行う必要があります。どこかの回路で漏電していると考えられるので、漏電している回路を特定し、その回路を切り離さなくてはなりません。手順は以下のとおりです。

1.すべての安全ブレーカー、アンペアブレーカー、漏電ブレーカーを「切」にします。このとき、漏電ブレーカーは「入」と「切」の間で止まることがあるので、しっかりと「切」にしてください。

2.次に、まずアンペアブレーカーを「入」にして、続いて漏電ブレーカーも「入」にします。

3.続けて、安全ブレーカーを1つずつ「入」にしていきます。

4.安全ブレーカーを「入」にしたときに漏電ブレーカーが落ちたら、その安全ブレーカーの回路内で漏電していると考えられます。

5.落ちた漏電ブレーカーをもう一度「入」にして、4で落ちた以外の安全ブレーカーを「入」にして復旧します。

漏電していると思われる回路については、早急な点検が必要です。業者に依頼して点検・修理をしてください。

安全ブレーカーが落ちたときの復旧方法

安全ブレーカーの復旧方法は基本的にアンペアブレーカーと同じです。特定の部屋で使っていた電気器具などのスイッチを一旦切ってから、安全ブレーカーのスイッチを「入」にしてください。

ブレーカーが頻繁に落ちるときの対策は?

中でも漏電ブレーカーがよく落ちる場合に限っては、上述したように修理が必要なため、慎重に対応しましょう。
その他のアンペアブレーカーや安全ブレーカーが頻繁に落ちる場合は、基本的に電力の使いすぎが原因です。以下の対策をしましょう。

同時に使用する電力や待機電力を減らす

同時に使用する電気器具などの数を減らし、使用する電力量を抑えるのが基本です。とくに電気ストーブ、オーブン、卓上IHクッキングヒーター、食器洗い洗浄機、炊飯器、ドラム式洗濯乾燥機(乾燥時)、ドライヤーなどはアンペア数が高いので、これらのものを同時に使おうとするとブレーカーが落ちやすくなります。

また、使っていない電気器具や家電も、コンセントがつながっているだけで待機電力を使用していることがあります。待機電力は微々たるものですが、ブレーカーが落ちやすい場合は無駄に待機電力を消費していないかチェックしてみましょう。

契約アンペア数を見直す

気をつけていてもすぐにアンペアブレーカーや安全ブレーカーが落ちるという場合は、契約アンペア数が適切でない可能性があります。現在、30アンペアに設定されているのなら40アンペアにしてみるなど、契約内容の変更を検討してみましょう。家族が増えたり、子供が大きくなったりすると使用電力量が増えてしまうものなので、そうした事情に合わせて契約アンペア数を見直すことも必要です。

最近、ブレーカーがよく落ちるようになったという場合は、電気の使い方を工夫するか、契約アンペア数の見直しをしましょう。原因をしっかりと把握し、漏電ブレーカーの復旧方法もしっかりと覚えておくようにしましょう。



ページトップに戻る