スマートでんきコラム

蓄電池は必要?メリットとデメリット・補助金のシステムまで解説!

本当に蓄電池を導入することでメリットはあるのか?メリットだけでなくデメリットも知っておきたい!とお思いの皆さんへ蓄電池の概要からメリット・デメリット、補助金までご紹介します。

蓄電池とは

蓄電池とは電気を貯蓄できるシステムです。分かりやすくいうと大きなモバイルバッテリー(携帯充電器)のようなものです。蓄電池に電気を貯めてご家庭で使用するのが一般的な使い方です。

蓄電池の種類

蓄電池は産業用と家庭用の2つがあります。

・産業用蓄電池の特徴

産業用蓄電池は工場やお店などで使用されるためNAS電池式が多く、容量が大きいものを指します。その分、価格も高額で中には1000万越えのものまであります。主に工場のバックアップ用電源として使用され、一般家庭で使われることはほとんどありません。

・家庭用蓄電池の特徴

家庭用蓄電池はご家庭向けに作られたもので、平均容量は6kwhほどです。価格は製品により異なりますが、100万円前後が多いです。容量の大きいものだと200万300万するものもあります。家庭用も産業用のバックアップと同じように停電時に電気を使用することができます。また、太陽庫発電システムと連携できるものが大半で、パネルで発電した電気は蓄電池に貯めることができますし、貯めておいた電気は家庭で使えます。

上記では2つの種類を説明しましたが、ここからは一般家庭で使う「家庭用蓄電池」に関して解説していきます。

蓄電池導入に伴うメリットとデメリット

メリット①電気代が安くなる

電気代のプランを深夜の単価が安いプランへ変更することで、電気代が安くなります。深夜の安い電気を蓄電池に貯めておき、単価の高い日中に使用することで電気代が安くなるということです。

また、太陽光発電システムを既に導入していれば、パネルで発電した電気を蓄電池に貯められます。これを利用し、昼間はパネルで発電した電気を使い、余剰電力は蓄電池へ貯めます。日が沈んだ夜や、日の出前の朝方に蓄電池の電気を使用することで単価の高い日中の電気を買う必要がなくなります。

メリット②非常時に電気を使用できる

災害が起きたときによく発生することといえば停電ですよね。蓄電池があれば停電時でも電気が使えます。これは知っている方がほとんどだと思いますが、製品によって2つの型に分かれているのはご存知でしょうか?

・全負荷型

停電した場合、蓄電池から家の電気をすべて補えます。

・特定負荷型

あらかじめ決めておいた部屋(キッチンエリアなど)にのみ蓄電池から電気が供給され、他の部屋では電気を使うことができません。

上記2つを比べると全負荷型の方が良いと感じるでしょう。しかし、すべての部屋を補うということはその分、電気を使うことになりますので、相応の蓄電池の容量が必要になります。それに伴い蓄電池自体の値段も高くなります。1部屋にだけ電気が供給されれば大丈夫ということであれば容量が抑えられるため、全負荷型より比較的価格の安い特定負荷型の蓄電池がおすすめです。

メリット③<太陽光パネル導入済みの方必見>パワーコンディショナーが新しくなる!?

パワーコンディショナー(以下、パワコン)とはパネルで発電した直流の電気を交流の電気に変換する機器のことです。家庭で使う電気は交流のため、この機器がないと家庭で電気を使うことができないのです。ちなみにこの機器は寿命が10年~15年ほどと言われています。さて、本題です。なぜパワコンが新しくなるのでしょうか?それは蓄電池と太陽光発電システムのパワコンが一体型になった製品があるからです。従来、蓄電池を導入する時に太陽光発電システムのパワコンとは別に蓄電池用のパワコンが必要でした。しかし一体型の製品が出てきたことによって、今まで使っていたパワコンを捨てて、新しくできるということです。

それではここからはデメリットに関して解説いたします。

デメリット①初期費用がかかる

デメリットと言われて1番に思い浮かぶのはこれだと思います。蓄電池は決して安い買い物ではないので、費用の面で悩まれる方が多いのではないでしょうか。蓄電池を導入して元を取れるのだろうか?と悩む方もいると思います。その点はご家庭の使い方(オール電化やエコキュートなどの製品や売電単価)によって異なるので業者に相談すると良いでしょう。

何よりこの初期費用を抑えるには、やはり補助金を利用するのが良いでしょう。補助金のシステムに関してはこの後説明いたしますので、次のデメリットに移ります。

デメリット②スペースの確保

忘れがちなのが設置場所の確保です。そうは言っても蓄電池のサイズはエアコンの室外機1~2台分のため、そこまで心配はいらないかもしれません。しかし1点気を付けたいことは室内用と屋外用の蓄電池があることです。室内用の蓄電池は比較的コンパクトかもしれませんが、室内に置くとなると場所の確保は大切です。また、室内用は静音ではありますが、多少の音はする(図書館の騒音程度)そうなので、気になる方は屋外用が良いと思います。導入の際は室内用か屋外用かしっかりと確認しましょう。

デメリット③寿命がある

蓄電池の寿命は10年~15年と言われています。最近の蓄電池の多くはリチウムイオン電池を採用しているため、すぐに壊れたり、極端に放電したりすることはありませんが、同じリチウムイオン電池搭載のスマートフォンやPCが劣化するように蓄電池も劣化します。

この寿命に直結するのが蓄電池のサイクルです。このサイクルは平均6,000回ほどで、中には12,000回などもあるので、導入を検討する際はサイクルも考慮しましょう。

メリット・デメリットが分かったところで、次はデメリット①で触れた補助金について詳しく説明したいと思います。

補助金のシステム

補助金は国から出る補助金と地方自治体から出る補助金の2つがあります。

国から交付される補助金

基本的に補助金は期間限定です。国は再生可能エネルギーの普及やZEH(ゼロエネルギーハウス)の普及など1つ1つ目的があり補助金を出しています。補助金の条件は細かく、例えば、2020年度の補助金は10kw未満の太陽光発電システムを所有している方向けに家庭用蓄電池導入の一部を補助する内容になっていました。その中でも細かい条件があるので省きますが、補助金を出すには理由があるので自分が対象かはしっかり確認するのが良いですね。

地方自治体から交付される補助金

国からではなく、各都道府県で補助金が出ることがあります。自分の住んでいる地域で補助金を受けられるかは各都道府県のHPを確認しましょう。さらに、市区町村でも補助金を出しています。県が出していなくても諦めず、市区町村で補助金を出していないか確認してみましょう。こちらも各市区町村のHPに情報が掲載されるので確認するのが良いですね。有難いことに地方自治体の補助金情報をまとめているサイトもありますので、そちらを利用すると分かりやすいと思います。

そして、1番手っ取り早いのは蓄電池を契約する際の業者に相談することです。契約しなくても話を聞きたいと業者に言えば調べてくれる可能性があります。また、実際に補助金を受ける際にも申請代行ができるので、申請代行者に登録している業者に相談すれば細かくて面倒な補助金の申請も一緒に行ってくれます。

ちなみに補助金は国と地方自治体のどちらか一方ではなく、両方とも補助金が受けられるので、補助金情報はよく確認することが大事ですよ。

導入を検討している方へ

これから蓄電池を導入しようと考えている皆さんへお勧めしたいことは、相見積もりをとることです。1社だけだと価格が妥当なのか?メンテナンスや保証が妥当なのか?何かと不安な部分があると思います。そういう時は他の業者の話も聞いてみましょう。業者側からはよく思わないかもしれませんが安い買い物ではないので、納得できる業者と契約した方が良いですよね。それこそサポート体制が整っている業者へお願いした方が補助金の件もアフターサポートもしっかりと対応してくれると思います。

 

今回は蓄電池の概要から補助金のシステムに関して解説いたしましたが、いかがでしたでしょうか。この記事が少しでも皆さんの参考になったならば幸いです。



ページトップに戻る