スマートでんきコラム

太陽光発電のブレーカーが落ちる! 主な原因と対策を紹介


太陽光発電を設置したときには、太陽光発電専用のブレーカーを取り付けることになります。そしてそのブレーカーや、連係させている既存のブレーカーがよく落ちてしまうという場合には、どこかに何らかの不具合が生じている可能性があります。そのような場合の主な原因と対策について解説します。

太陽光発電のブレーカーの仕組みと役割

太陽光発電システムを稼働させるには専用のブレーカーが必要です。

順番に説明すると、まず太陽光発電の太陽電池モジュールによって得られた直流電力は接続箱を介してパワーコンディショナーに送られ、住宅内で使用する交流電力に変換されます。

この変換された交流電力を住宅内の各部屋に届けたり、余った電気を電力会社の電力網へ送ったりするのが太陽光発電用の分電盤の役割です。太陽光発電用のブレーカー(太陽光ブレーカー)は、この分電盤のボックス内に収められています。

そもそもブレーカーとは、建物内で使用する電気の量をコントロールするために回路を自動的に遮断する装置のことです。電力会社から供給される電力を使用している一般の家庭の場合も、壁に取り付けられた分電盤の中にブレーカーが並んでいます。

ブレーカーにはアンペアブレーカー、漏電遮断器、配線用遮断器という種類があります。アンペアブレーカーは設定された以上の量の電気が流れたときに自動的に電気の供給をストップして回路を遮断します。漏電遮断器は住宅内の電気配線や電化製品で漏電が発生したときに自動的に電気を切断し、漏電による火災や感電事故を防ぎます。配線用遮断器は分電盤から複数に分かれて各部屋に電気を送る際の、回路ごとの安全を守るブレーカーです。

太陽光発電を導入する際は、これらの電力会社から提供されるブレーカーとは別に、太陽光発電用分電盤にセットされた太陽光ブレーカーを設置します。太陽光発電ブレーカーは強い電流から太陽光発電システムを保護するためのブレーカーです。後付けで住宅に太陽光発電システムを設置する場合は、大抵、既存の分電盤(既存のブレーカー)の隣に太陽光発電用分電盤(太陽光ブレーカー)を設置します。そして既存のブレーカーと太陽光ブレーカーを接続して連係させます。

なお、新築の住宅に太陽光発電システムを導入する場合は、通常の分電盤と一体化した太陽光発電システム対応のコンパクトな分電盤を取り付けるのが一般的です。

太陽光発電のブレーカーが落ちる主な原因

太陽光発電のブレーカーが落ちてしまったときは、次のような原因が考えられます。

容量が合っていない

電力会社から供給される電気を使用している一般の家庭の場合と同じように、太陽光発電でも使用する電気の容量が決められています。あらかじめ決められた容量を超えた電気を同時使用するとアンペアブレーカーが落ちます。

また、パワーコンディショナーから流れる電流に対して太陽光ブレーカーの容量が小さい場合、太陽光ブレーカーが落ちます。原因は初期設定で容量を間違ってしまっていることなどが考えられます。ごく基本的な設計ミスですが、まれに容量が合っていないことがあるので要注意です。

高温多湿

太陽光ブレーカー内の温度が上昇するとブレーカーが誤作動を起こして落ちることがあります。また、湿度が高くなった場合も漏電リスクを感知してブレーカーが落ちる原因となります。太陽光ブレーカーは屋外に取り付けられていることもあるため、その場合、夏場などはとくにブレーカーが落ちやすくなっている可能性があります。

漏電

漏電が起きている場合は漏電遮断器や太陽光ブレーカーが落ちる可能性が高くなります。太陽光ブレーカーが落ちるときは太陽光発電システムのどこかで漏電が起きているかもしれません。

太陽光発電のブレーカーが落ちるときの対策

太陽光ブレーカーが落ちてある程度原因が特定できたときは、次のような対策を試してみてください。

よく落ちる時間帯や使用電力を確認する

朝方などよく落ちる時間帯が決まっている場合は、その時間帯に使う電化製品によって容量オーバーになっている可能性があります。家族でどんな電化製品を使っているかをチェックし、電気を使いすぎているとわかった場合は一部時間をずらすなどの工夫をしてみましょう。あるいは、週に何度も同じ時間帯に落ちるようなら、そもそもの容量を上げる必要性を考えてみてください。

直射日光は避け風通しをよくする

太陽光ブレーカーが屋外に設置されている場合は直射日光が当たるようになっていないか確認しましょう。日光によって温度が上がることが原因でブレーカーが落ちるという場合は、日よけなどを設置すると状況が好転するかもしれません。

浴室の近くなどにブレーカーがある場合は湿気が問題になっている可能性があります。風通しがよくなるような工夫を考えてみましょう。

不具合が続く場合は業者に相談を

原因がわからない、または原因の見当がついたとしても簡単には対処できそうにないと感じた場合は速やかに業者に相談することをおすすめします。根本的な解決策を講じるには、いずれにしても電気工事士などの資格が必要です。専門家に依頼するのが最も早く確実な対策です。

 

太陽光発電のブレーカーがよく落ちるのに自分で原因が見つけられない、ということはめずらしいことではありません。不安なときにはすぐに業者に相談するようにしましょう。



ページトップに戻る