スマートでんきコラム

パワーコンディショナーはいつ頃交換すべき? パワコンの寿命と交換費用の目安


太陽光パネルで発電した直流電力を家庭用の交流電力に変換するパワーコンディショナー。太陽光発電システムの中でも重要な役割を担う装置です。このパワーコンディショナーの寿命はどれくらいで、いつ頃次の製品に交換するものなのでしょうか。パワコンの寿命と交換のタイミング、交換費用の目安などについて説明します。

パワーコンディショナーの寿命はどのくらい?

パワーコンディショナーの寿命は10~15年と言われています。これはエアコンや冷蔵庫、電子レンジといった家電製品と比べて同等かやや長いくらいです。一方、太陽光パネルの法定耐用年数は17年、実際には20~30年程度使い続けることが可能と言われています。

パワーコンディショナーは直流電力を交流電力に変換するための精密な電子機器です。設置後10年程度でコンデンサーや半導体が劣化してしまう可能性があるため、その前後で一度点検することが推奨されています。その後は必要に応じて部品を交換するか、製品自体の交換が必要になるでしょう。

なお、パワーコンディショナーは温度上昇や湿気に弱く、設置場所の条件によっても寿命が変わってきます。

パワーコンディショナーを交換しないとどうなる?

パワーコンディショナーを交換しないまま使用し続けていると徐々に電力の変換効率が悪くなっていきます。変換効率が落ちればその分、得られる電気量が少なくなります。そうなれば売電収入が減り、太陽光発電を利用しているメリットも薄れてきます。

さらに経年劣化が進むと出力が落ち、突然停電が起きるなどのトラブルに見舞われるようになるでしょう。パワーコンディショナーの劣化は徐々に進んでいくというよりは、突然故障が起きて使えなくなるということが多いようです。

パワーコンディショナーを交換するメリット・デメリット

故障が起きてもパワーコンディショナー本体を交換することなく、基盤など故障箇所の部品交換だけですむ場合もあります。その場合、パワーコンディショナー本体を交換するメリットとデメリットを比べてみましょう。

パワーコンディショナーを交換するメリット

故障箇所の部品のみを修理交換したとしても、すでにパワーコンディショナー自体の寿命が近い場合はやがて他の部品も故障するリスクが高いと言えます。パワーコンディショナー本体を交換してしまった方が結果的に安くつく可能性もあり、あとあと手間もかかりません。また設置から10年程度経っている場合は部品の在庫がなくなっていることもあります。

もう一つ、パワーコンディショナー本体を交換すれば最新のモデルを使用できるようになります。このことも大きなメリットです。パワーコンディショナーは年を追うごとに性能がアップしています。10年前のモデルに比べれば変換効率も向上しているでしょう。新しいパワーコンディショナーを導入することで発電量が増えれば、経年劣化によって発電量が落ちている古いパワーコンディショナーを使い続けるよりもはるかに効率よく経済的に太陽光発電を活用できます。

パワーコンディショナーを交換するデメリット

デメリットは、買い替えの費用がかかることです。交換費用の目安については後述します。

もう一つの問題は、以前と違うメーカーのパワーコンディショナーに交換した場合、表示モニターなどの周辺機器との互換性がなくなる可能性が高いことです。メーカーが同じ場合でも最新モデルにすると周辺機器も同時に取り替えなくてはならない場合があります。そうなればパワーコンディショナー本体以外の購入費用もかかることになります。

パワーコンディショナーの交換費用の目安

パワーコンディショナーの交換費用は、工事費込みで30~40万円が目安になるでしょう。一方、部品交換にする場合は、部品の種類にもよりますが、5万円程度ですむこともあります。

ただし、使用しているパワーコンディショナーが保証期間中の場合は交換費用が無償または割安になる可能性があります。パワーコンディショナーの保証期間はメーカーによって異なり、期間が長いメーカーは15年、短い場合は1年ということもあります。最近は10年の保証期間を設けているメーカーが多いようです。また、10年間は無料での交換、その後は有料で5年の延長保証を付けることができるというケースもあります。

こうした保証は、以前は一度交換すると次のパワーコンディショナーには長期保証が付かないケースが一般的でした。しかし近年ではパワーコンディショナーを交換すると保証も新しくなるケースが増えています。例えばパワーコンディショナー単品で10年保証(無償)が付いている製品が故障し、10年以内に交換した場合、交換した時点から再び10年保証が付くといったケースです。これからパワーコンディショナーを購入する場合は、こうした保証サービスが付いているかどうかが製品選びの大きなポイントになるでしょう。

 
パワーコンディショナーは一般的に10~15年が寿命と言われ、それまでに故障した場合、保証が付いていれば無料で交換できる可能性があります。上記を参考に、パワーコンディショナーの交換を検討・計画しておきましょう。



ページトップに戻る