スマートでんきコラム

電力自由化とは? 電力会社を乗り換えるメリットと仕組み


2016年ごろから頻繁にメディアで取り上げられるようになった「電力自由化」。これまで政府の認可を受けた電力会社のみで独占していた電気事業への参入規制が緩和され、企業や個人が自由に電力会社を選択することができるようになりました。では、電力自由化がスタートしたことで家庭ではどのようなメリットがあるのでしょうか。
というわけで今回は、電力自由化の仕組みと、電力会社を乗り換えることで得られるメリットについて、一緒に勉強していきましょう。

電力自由化とは

2016年4月からはじまった「電力小売り全面自由化(電力自由化)」。新聞やニュース番組などでも頻繁に特集が組まれていましたが、電力自由化がスタートしたことによって私たちの暮らしはどのように変化したのでしょうか。

もともと電気というのは、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、四国電力、中国電力、九州電力、沖縄電力など、政府の認可を受けた電力会社が地域ごとに独占的に小売りしていて、それ以外の企業が参入することはできませんでした。「電力自由化」というのはその規制を緩和して、既存の電力会社以外の参入を認めたもので、これにより消費者はサービスや電気料金などをもとに、電気の購入先を自由に選ぶことができるようになったのです。

ちなみに、異業種から新たに電気事業へ参入した企業は「新電力」と呼ばれていて、その数は年々増加傾向にあると言われています。新規参入した企業の業種は、ガソリンスタンドでおなじみのエネルギー会社や、通信会社、製紙会社など実にさまざまなで、ガス会社が電気事業に参入してガスと電気のセット売りを行なっていたり、既存の電力会社が子会社を設立して他地域に参入したりするケースも少なくありません。

電力供給の仕組みはどうなる?

電力自由化によって消費者の選択肢は大きく広がりましたが、その一方で、「大手の電力会社から新電力に乗り換えて、今まで通り電気が安定供給されるのか」ということを不安に感じる方も多いかもしれません。電気というのは私たちの生活に欠かせないものだからこそ、停電が増えたり供給がストップしてしまったりということがあっては困るわけです。では、実際に新電力へ乗り換えることによるトラブルの心配はないのでしょうか。この疑問を解決するために、まずは電力供給の仕組みについて詳しく見ていきましょう。

私たちが普段使っている電気というのは「発電所」で作られ、「送電線」を通って「変電所」へと送られた後に「配電線」を通って各家庭へと供給されます。この仕組みは電力自由化以降も基本的には変わらず同じ送電線が使われるため、万が一新電力に何らかのトラブルが起きたとしても、従来の電力会社が電気を補給してくれるのです。

つまり、電力自由化によって電力の小売りに関わる会社が変わるというだけで、電気を送るための設備や電気の質は一切変わらないということです。新電力に切り替えたからといって、停電の頻度が増えるということもありません。

電力会社を乗り換えるメリット

電力自由化によって、消費者は電力会社を自由に選ぶことができるようになりました。では、実際に新電力へ乗り換えをすることで、消費者にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
最も大きなメリットとしては、電気料金が安くなることが挙げられます。電力単価が従来の電力会社の電気料金と比べて1〜5%安いため、新電力へ乗り換えをすることで月々の光熱費を抑えることが可能です。電力会社によってはガスや携帯電話とのセット割を行なっていたり、電気料金に応じてポイントがもらえたりするサービスを行なっているところもあります。

また、使う電力の発電方法を選ぶことができるのも、メリットのひとつと言えるでしょう。電力自由化によって、消費者は太陽光発電、風力発電などの発電方法を自由に選べるようになりました。「自分が使う電気は環境に配慮されたものがいい」、「地元で発電された電気を使いたい」など、自分の考えに合わせて選択することができるのです。

電力会社を乗り換えるデメリット

電力自由化というのは、消費者にとって基本的にメリットが多いものだと言われていますが、例えば新たに契約をする電力会社が契約期間の縛りを設けていたり、解約違約金などを設定していたりすることも。最初は一度乗り換えをしたらずっと使い続けるつもりでいたとしても、転勤などで予定外の引越しが発生し、契約期間中に解約しなくてはいけない場合には、違約金の支払いが発生してしまうこともあるため注意が必要です。

また、残念なことに電力自由化に便乗した悪質な詐欺が増えているのも事実で、本来は必要のない費用を請求したり、不要な設備を取り付けて代金の支払いを求めたりする詐欺事件も実際に発生しています。電力会社の乗り換えをする際には、事前の情報収集をしっかりと行い、信頼できる企業を選ぶことも大切です。

電力自由化によって、さまざまな選択肢の中から電気を選ぶことができる時代になりました。それぞれの家庭ごとに、電気についてじっくり考える良い機会です。電力会社の乗り換えを検討の際には、上記でご紹介した内容を参考にして最適な電力会社やプランを選びましょう。



ページトップに戻る