スマートでんきコラム

オゾン層とは?概要とオゾン層破壊について

世界には様々な環境問題が存在します。どの問題でも改善のために、様々な対策が取られています。その中でも、回復傾向にあると言われるのがオゾン層の破壊問題です。今回はオゾン層の説明や破壊されている原因、それによる影響を解説します。

オゾン層とは

オゾンが集まってできた層をオゾン層といいます。このオゾン層は成層圏と呼ばれる高度10~50kmの上空に存在し、地球の周りを囲っているのです。無色透明な気体で、独特な臭気の特徴を持つオゾンは、地球の大気中に存在しますが、約90%がこのオゾン層に存在していると言われています。一見聞くと、90%も集まっているわけですから、オゾン層はとても分厚いのではないかと思われますが、仮に地上で集めた場合3mm程度の厚さにしかならないのです。そんなオゾン層ですが、実は私たち人間にとってとても大切な役割を担っています。

オゾン層の役割

オゾン層の役割は2つあります。一つは太陽からの紫外線を吸収してくれること。もう一つは紫外線を吸収して大気を温めてくれることです。一つ目の紫外線の吸収は私たち生物にとって大変重要なことです。紫外線は太陽から出ている光のことで、紫外線の種類によっては、浴びることによってガンになってしまいます。この有害な光が地上に届く前に、吸収してくれているのがオゾン層なのです。また、オゾン層は紫外線を吸収した際に、熱を発します。この熱によって大気が暖められ、大気の流れを作っているのです。

オゾン層は破壊されている

昔からあるオゾン層ですが、1980年ごろからオゾンの量が年々減少してきている傾向にあります。オゾン層が破壊されているという例でよく言われるのが、南極域上空に現れたオゾンホールです。オゾンホールとは実際に穴が開いているわけはなく、オゾンを観測した際に薄くなっている箇所が穴のように見えたことによってつけられた名前です。オゾンが世界的に減少してきた頃から観測されるようになり、今でも存在する現象です。

では、なぜオゾン層の破壊が進んでしまったのでしょうか。

オゾン層破壊、原因と影響

オゾン層破壊の原因

オゾン層の破壊の原因としてよく耳にするのがフロンガスです。実際には火山噴火などでもオゾン層が破壊されることもありますが、主な原因はフロンガスです。フロンガスとは1930年代にアメリカで開発された化学物質です。無色、無臭、不燃性で安定性もあり、冷却や噴射など様々な方法で使用できるという特徴がありました。開発当初は冷蔵庫やエアコンなどの冷却用として使用されていましたが、安定している気体だからこそ、そのままの形で上空へといってしまい、化学反応を起こしオゾンを破壊してしまっていたのです。

オゾン層破壊の影響

オゾン層が破壊されてしまうと、生き物は大きな影響を受けてしまいます。それは紫外線による影響です。オゾン層の役割で前述した通り、オゾン層は紫外線を吸収しています。そのため、地球上の生物にとって悪影響な紫外線が地上まで届かないで済んでいるのです。しかし、仮にオゾン層が破壊されてしまうと、今まで地上に届かなかった紫外線までもが降り注いでくることになります。紫外線は人間だけではなく、地球の生物にとって有害です。人間にとっては、皮膚がんなどの発症、免疫機能の低下が多くなってしまい、地球上の生物にとっても、生態系の破壊につながってしまうのです。

オゾン層破壊 対策

オゾン層の対策として行われたのが、モントリオール議定書です。この議定書は1987年にオゾン層破壊物質の具体的な規制内容を定めたものとして採択されました。モントリオール議定書は採択後も何度も見直され、オゾン層破壊対策の具体的な指標として遵守されてきました。

オゾン層が回復するには

オゾン層が回復するには、オゾン層を破壊するフロンガスなどの物質を使用しない事が大切です。実際、モントリオール議定書で規制がされて以降、フロンガスなどは規制や環境に優しいガスの開発などが進んでいます。また、過去減少傾向にあったオゾンの量も、近年では昔より減少しなくなってきているのです。世界気象機関の報告によると、回復傾向にあるという調査結果も出ています。

オゾン層はモントリオール議定書の効果もあり改善傾向にありますが、世界にはまだ改善していない環境問題が多くあります。これを機会に他の環境問題も調べ、環境に対する取り組みを考えてみましょう。

 



ページトップに戻る