スマートでんきコラム

【より詳しく!】大気汚染の原因と対策

地球温暖化が注目されているこの頃、皆さんは大気汚染の原因を知っていますか?この記事では大気汚染の説明や、原因と対策を説明します。

大気汚染とは

大気汚染とは地球を取り巻く空気が様々な物質によって汚れてしまうことです。物質は自然に元々あるものや、人間によって生み出されているものもあります。大気汚染の原因によっては人間の健康状態や、自然環境に悪影響が出るため、技術開発や規制を設けることで対策がされているのです。

大気汚染の原因

大気汚染の原因は汚染物質です。この汚染物質は様々な原因により発生しています。

発生原因は自然由来の物と人間の活動によって生み出されるものに分類されます。自然由来の汚染物質は以下のような物質が例として挙げられます。

自然による発生源

  • 火山活動
  • 森林火災
  • 風によって吹き上がる花粉や砂塵、黄砂
  • 海風による海塩粒子
  • 上空に存在するオゾン層

自然に発生する大気汚染物質については干渉して防ぐことが難しい為、人間が適応することが求められています。­­­­

一方、より注目し対策をする必要があるのが人間の活動による大気汚染物質です。人間由来の大気汚染物質は固定発生源と移動発生源に分けられます。例として挙げられるのは以下の通りです。

人間による発生源

固定発生源

  • 工場の燃料焼却、生産による排気
  • 事業所、一般家庭の排気
  • ごみ処理場のごみ焼却による排気

移動発生源

  • 自動車、船舶、航空機などの排気

以上の発生源はどれも人間の活動によるものばかりです。つまり、これらの原因は人々の意識によって改善できるものなのです。

大気汚染物質の種類

日本には大気汚染防止法という法律が存在し、これを基に大気汚染対策が行われています。

この法律には環境基準という大気の汚染状態を評価する基準があり、汚染物質を大気汚染物質と有害大気汚染物質という二つの区分に分け、定期的に測定しているのです。区分されている物質は以下の通りです。

大気汚染物質

  • 二酸化硫黄(SO2)
  • 一酸化炭素(CO)
  • 浮遊粒子状物質(SPM)
  • 二酸化窒素(NO2)
  • 光化学オキシダント(Ox)

有害大気汚染物質

  • ベンゼン
  • トリクロロエチレン
  • テトラクロロエチレン
  • ジクロロメタン

これらの物質は直接、人間や環境に影響を及ぼすものもあれば、他の物質と化学変化を起こし影響を及ぼすものもあります。近年ではこれらの物質のほかに、微小粒子状物質(PM2.5)なども計測されることがあります。

大気汚染の現状、影響

では、現在の大気汚染はどういった状況になっているのでしょうか。

現状

日本では大気汚染防止法に基づき、常に大気の状況を監視しています。この監視結果は定期的に公表されます。令和2年3月27日に環境省から出た、大気汚染状況についてでは以下の通りとなっています。

  • 大気汚染物質

微小粒子状物質(PM2.5)

→全国平均では減少傾向があるものの、一部地域では環境基準を達成していない地域がある。

光化学オキシダント(Ox)

→環境基準にはまだ届かない。年々改善傾向にあるものの、昨年比では横ばいになっている。

二酸化窒素(NO2)、浮遊粒子状物質(SPM)、二酸化硫黄(SO2)、一酸化炭素(CO)

→どの種類も、環境基準に近く、年々減少している。

  • 有害大気汚染物質

ベンゼン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン

→どの種類も、環境基準を達成している。

どの汚染物質も、数年前に比べると改善されてきていますが、中にはより対策を行うべき物質も存在します。

影響

大気汚染物質は様々な形で、自然や人間に影響を与えます。特によく耳にする影響は次の通りです。

  • 酸性雨

酸性雨とは酸性の度合いが強い雨です。原因は排気ガスに含まれる汚染物質が強い酸性を持った物質に変化し、大気中で雨に溶け込んでしまうためです。この酸性雨は、農作物をからしたり、建物を溶かしたりと、様々な部分で問題を起こします。

  • 光化学スモッグ

排気ガスが太陽光によって光化学オキシダントという有害物質に変化します。この物質が大気中にたまったものを、光化学スモッグというのです。このガスは植物などに影響を与えたり、人間の健康状態に害をもたらしたりします。

  • PM2.5

2.5マイクロメートル以下の小さな粒子の汚染物質をPM2.5といいます。この汚染物質は火山の噴火などの自然現象以外にも、人間による排気ガスなども原因にいなっています。とても小さい汚染物質の為、人間の呼吸で肺の奥まで入ってしまうなど、様々な悪影響が出るのです。

大気汚染の対策

日本の大気汚染対策として一番有名なのが前述した大気汚染防止法です。この法律は昭和43年に制定された、日本の大気環境を守るための法律で、工場のガスの排出を規制したり、工場自体を管理したりし環境基準を守っています。

また、国だけではなく、メーカーなどの企業が排気ガスを出さない取り組みを行っています。例えば、自動車の排気を少なくするためにハイブリット自動車や電気自動車の開発や交通の流れをよくする取り組み、物流の効率化などです。

 

現在、日本の大気汚染状況は年々改善されてはいますが、より良くすることも可能です。そのためには、国、企業だけではなく個人の意識も変えていくことが大切だと思います。これを機会に大気汚染に関して自分なりに取り組めることを考えてみましょう。



ページトップに戻る