スマートでんきコラム

絶滅危惧種とは?原因と身近な対策

近年、様々な要因でたくさんの生物種が絶滅してしまい、地球から姿を消しています。

これから絶滅してしまうかもしれない生物たちと、そうなってしまった原因を簡単に紹介します。

絶滅危惧種の動物や植物を守るにはどうすれば良いのか、一緒に考えるきっかけになればと思います。

絶滅危惧種とは

絶滅危惧種とは、生息している数が減っていて絶滅してしまうかもしれない生物種のことをいいます。もう少し詳しく絶滅危惧種について説明していきます。

絶滅危惧種とレッドリスト

絶滅危惧種を語る上で必ずと言っていいほど出てくる「レッドリスト」という言葉。初めて聞く方も多いのではないでしょうか?

絶滅の恐れがある野生生物の名簿のことを「レッドリスト」と呼んでいます。国際的には国際自然保護連合(IUCN)が、日本では環境省やNGOなどが作成しています。今回は環境省が作成したレッドリストに基づいて紹介していきます。

レッドリストの項目

レッドリストでは、①哺乳類 ②鳥類 ③爬虫類 ④両生類 ⑤汽水・淡水魚類 ⑥昆虫類 ⑦貝類 ⑧その他無脊椎動物(クモ形類、甲殻類等) ⑨維管束植物 ⑩蘚苔類 ⑪藻類 ⑫地衣類 ⑬菌類の13ケに分類し、下記9つのカテゴリーで段階的に評価されています。

その中でも、一般的に絶滅危惧種と呼ばれているのは赤色4つのカテゴリーになります。

絶滅(EX) すでに絶滅したと考えられる種
野生絶滅(EW) 飼育・栽培下あるいは自然分布域の明らかに外側で野生化した状態でのみ存続している種
絶滅危惧Ⅰ類 (CR+EN) 絶滅の危機に瀕している種
絶滅危惧ⅠA類(CR) ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの
絶滅危惧ⅠB類(EN) ⅠA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
絶滅危惧Ⅱ類 (VU) 絶滅の危険が増大している種
準絶滅危惧 (NT) 現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種
情報不足(DD) 評価するだけの情報が不足している種
絶滅のおそれのある

地域個体群 (LP)

孤立した地域個体群で、絶滅のおそれが高いもの

絶滅危惧種と日本

みなさんは日本にどのくらい絶滅危惧種の動物や植物がいるかご存じですか?

2020年に環境省がレッドリストに掲載した生物は8,535種、そのうち絶滅危惧種と呼ばれる生物は3,716種もいます。

絶滅の原因

生物が減少してしまう原因はいくつかあります。その原因とそれによって絶滅危惧種となってしまった動物や植物を併せて紹介します。

採取・乱獲

■ニホンカワウソ【脊椎動物門 哺乳綱 ネコ目 イタチ科】絶滅危惧IA類(CR)

かつては日本全国の川に生息していましたが、毛皮目当ての乱獲により大幅に数が減ってしまいました。さらに、水質汚染なども減ってしまった原因のひとつになっています。

■アカウミガメ【脊椎動物門 爬虫綱 カメ目 ウミガメ科】絶滅危惧IB類(EN)

漁獲したい生物とは違う種の生物を思いがけず捕獲してしまう「混獲」によって、数が減ってしまいました。その他にも砂浜の減少も原因としてあげられていますが、混獲がもっとも大きな理由だといわれています。

森林伐採

■シマフクロウ【脊椎動物門 鳥綱 フクロウ目 フクロウ科】絶滅危惧IA類(CR)

産卵などのための巣をつくる天然林が伐採によって減ってしまい、そのため個体の数も減ってしまいました。

■アベサンショウウオ【脊椎動物門 両生綱 サンショウウオ目 サンショウウオ科】絶滅危惧IA類(CR)

溝の中や落ち葉の下に潜んでいますが、森林伐採され道路の整備が進み生息範囲が狭くなってしまったことが原因といわれています。また、ゴミの投棄による環境汚染も原因のひとつとなっています。

環境汚染

■カブトガニ【節足動物門 カブトガニ綱 カブトガニ目 カブトガニ科】絶滅危惧I類(CR+EN)

海岸地帯の開発や整備によって砂浜や干潟などが減り、産卵や幼生の育つ環境が少なくなったことが原因といわれています。

■タガメ【節足動物門 昆虫綱 カメムシ目 コオイムシ科】絶滅危惧II類(VU)

農薬などの水質汚染によって急激に数が減少しました。タガメの幼虫はわずかな量の農薬などでも死亡してしまいます。また、開発による生息地の破壊も原因のひとつとなっています。

外来種

■ニホンザリガニ【節足動物門 エビ綱 エビ目 ザリガニ科】絶滅危惧II類(VU)

外来ザリガニよりも弱く生息地を奪われてしまい、そのため個体数が少なくなってしまいました。また、残されている生息地も開発などによって徐々に減ってしまっています。

■イヌノフグリ【被子植物 双子葉類 合弁花類 ゴマノハグサ科】絶滅危惧II類(VU)

外国から入ってきて日本に定着・野生化してしまった帰化植物によって生育の場所を奪われてしまったことに加え、アスファルトやコンクリートが増え、土そのものがなくなってしまったことも減ってしまった原因のひとつといわれています。

里山の管理放置

■オオルリシジミ【節足動物門 昆虫綱 チョウ目 シジミチョウ科】絶滅危惧I類(CR+EN)

農作業の機械化により、飼育されていたウシやウマの飼料のための草刈りがされなくなり、オオルリイジミの好んでいた草原環境がなくなってしまったこと、さらに開発によって生息地が減ってしまったことも原因となっています。

■オオウラギンヒョウモン【節足動物門 昆虫綱 チョウ目 タテハチョウ科】絶滅危惧I類(CR+EN)

オオルリシジミと同様に草刈りがされなくなってしまい、生息環境であったシバ草原がススキ草原に変わってしまい生息地が減少してしまったことが原因と考えられています。

わたしたちにできる絶滅危惧種対策

自分を取り巻く環境に疑問を持ってみましょう。何気なく使っている紙や、毎日食べている食品。これらは一体どうやって作られ、どうやって自分たちの手元に届いているのか。絶滅危惧種の動物や植物だけではなく環境問題も、自分たちの普段の生活に間接的につながっています。

絶滅危惧種の動物や植物たちを守るのは会社でもなく、行政でもなく、学校でもありません。一人ひとりの意識が大切です。



ページトップに戻る